Sample Site

コンテンツ

言語聴覚士の転職

言語聴覚士(ST)転職。

転職をお考えになっている言語聴覚士の方も多いと思います。
医療職の転職って、意外と多いんです。

求人ニーズの高い地域もありますし、言語聴覚士はまだまだこれから需要が伸びる事が予想されてますから、転職の機会も思った以上にあるのではないでしょうか。

理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)など医療職の転職、初めての転職であれば回数はもちろん気にされることはありません。

転職理由は重視されますけれど、回数は1回目ですからね。

それよりももし、2回目、3回目の転職ともなれば、回数が増えると共に選考で影響してくる事も出てきます。

特に、短期間で転職をしている場合にはかなり突っ込んだ質問が面接では繰り出されると考えられます。

病院や施設、企業など雇用する側の立場で考えると当然の事と言えるのですが、どうしても転職回数が多い人材に関しては、「また転職を繰り返すのでは・・・」といった危惧は覚えてしまうものです。

年代に見合った転職回数、というのは職種ごとにはありますから20代後半で2回目、30代で3回目、といった転職回数であれば転職事情の説明がしっかりと出来れば、大きく問題にはならないでしょう。

あとは在職期間ですね。
いずれの職場も在職期間が短いと、やはり重視されてきます。

知り合ったドクターに請われて転職、といったケースも実際あると思います。
キャリア形成、Uターン・Iターンのため、年収アップのためなど転職理由は様々ですよね。

実は人間関係が本当の理由で・・・今の職場を辞めたい、といったようなネガティブな転職理由もあるかも分かりません。

どういった転職理由であれ、転職の機会はそうそうあるものでは無いといえますので希望条件にあった職場探しを行いたいものです。

ネガティブな理由も、志望動機なども合わせて考えて前向きなものに変えていくプロセスも重要ですね。

採用する側にとっても、時間とお金がかかっています。
良い人材を採用したい、と真剣に先行しています。

その選考をクリアして転職に成功するには、やはり応募書類をしっかり作成してアピールすることはもちろん、特に重要なのは面接対策ですよね。

志望動機もしっかりと作成し、どんな質問をされても受け答えが出来るようにする事が重要です。
沈黙が長く続くと、やはりマイナスイメージが強くなってしまいますから、注意が必要です。

しっかりと準備をして、希望条件にあった病院や施設などを探したいですね。

ST転職サイト

Sample Site